とりあえず今日を乗り切りましょ





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告

山笑! :: 2013/04/23(Tue)

まっことご無沙汰しておりまするうちに。。。



              


                    おまけ1
                        早春! 大好きな木五倍子。








                    201304.jpg
                        そうしているうちに春本番となり、
               







                    山笑!
                               山笑ふ
                                山笑ふ










                    20130423昼休2
                      勤務地からちょっと行くとこのような世界
   










               20130423昼休
                     四つ葉のクローバーが探せます。    
                
 







                    20130423昼休3
                         ってか、ここ、勤務地内。
                      見上げればまたそこに多様な緑が楽しめ、   










                    20130426昼休
                      駐車場の木々もこのような繁茂ぶり。
                     










              山笑
                              祝!緑!
                            汝 命を謳歌せよ                      

   
                           人の世のはかなさよ

                         地から湧き上がりしものたちの
                         天の則に沿ひしものたちの

                    その永久環下のたたずまいとなりわひの美しさよ


















                  20130406.jpg
                     人の世に戻りまして、試飲会でした。



かしこ

いくられ 拝     

スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

暮れのごあいさつ かもー :: 2012/12/06(Thu)

              20121127


               錦秋!をしばし堪能したかと思ったら






















              20121205


               もうシバレル季節になっちゃった!今年の秋の短さ冬の到来の早さよ!




派遣切りに遭遇してから起死回生、新たなる場所にて派遣社員をし、はや6カ月。
(ソンナンデ更新滞らしてるのですゴメンナサイネ)


いまチマタは、選挙期間なのですよね。 自分だけ静寂を求めたってむーリー。

勤務先の通りからもきれいなおねえさん(タブン)のお声が聞こえる聞こえる。

メディアからそれはそれはソラゾラシイオコトバが飛び交う飛び交う。






ふと、

”そらぞらしい”のは誰なのか考えた。

話しているアナタ? それとも 聞いているワタシ?



そうね 

主体と客体、どっちもだね^O^。

イヤイヤ、熱く語る御仁はそんなことないない。か?フンソラゾラシイ。

あ やっぱりいくられが受容体としてそうなのね。








ムカシムカシ、

"矛盾とつきあう" ことが許しがたい頃があった。


今は?

そういう気持ちになる前に切り替えたり、

容量が大きくなったんだとわが身に言い聞かせてみたりする。


"知恵" なんだろうけど、ケシテセイシツハカワッテナイ。



きょうはね、こどもの学校行事のために休暇を取って、

時間までにたまった家事をしながら、

ラジオから流れる候補者のことばに

ひとりをいいことに

毒づく毒づく ^^;



と、初冬の一コマを皆さまと共有したくて

久しぶりに更新しました。







皆さまお風邪召しませんよう。







かしこ




いくられ拝







  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

新年度ですね :: 2012/04/03(Tue)

2012年4月を迎えられた。

ネット回遊を定期的にできない環境になってきている(皆さんスミマセン)。

しょうがないけど実生活優先なのだー。


とまれ、年度末のなんやかやをこなしつつ、新年度にこぎつけ、

親業に属しているママさんたちと話して改めて確認したこと。


「人間、 覚悟と慣れよねー!」


そんなわけで、とりあえず今日を乗り切ることに血道をあげ、

その道中を堪能します。

あ、そうそう、

希望を持ちながら。

    
        おとなりのゴーシュ120401_090624
         (おとなりのゴーシュ。携帯ズームによりアライ画像ご容赦)        




皆さんもどうぞ "今" を 味わうことをお忘れなく。




いくられ 拝






  1. 未分類
  2. | trackback:1
  3. | comment:0

オニノカクラン :: 2011/12/09(Fri)

初冬に際し、体調を崩した。



風邪から始まったのだが、医院から紹介状をもらって

歩行困難をともなった熱っぽいカラダを引きずって総合病院へ。


結果は なぜか細菌が股関節に侵入 股関節炎(左)

白血球値 15000 CRP値 4.69

「入院が必要なレベルです」

子育てフルタイム核家族 ご入院できるわけないだろー。


というわけで

自宅にてひたすら3日間寝続けて 



回復した。





それでまた、走り続けるわけだが、


こうして、

平坦(でもないケドね)な道のりに絶妙に緩急がつく妙をどうとらえるかというと、



両親に感謝 健康なカラダを与えてくれたことに対して

家族に感謝 安静の徹底を施してくれたことに対して

婚家に感謝 遠方から看病に来てくださったお義母様に

同僚、知人に感謝 気遣ってくれたことに対して




そんなこんなの人間関係を紡いで精一杯生きていくこと。



喜びを分かちあうこと。

苦しみを分けあうこと。

共感し共有していくこと。



ってな具合で生きてゆくのだー。 

 


時あたかも いくられセガレ 1/2成人式とやらを 3学期におこなうらしい。

子には内緒で、メッセージを書くよう学校から促される。



いくられオットからセガレへ 

「人生の目的は 優しくなることである」




いくられからセガレへ

「心を込めて生きる」



これ、ソレゾレの指標じゃん こどもにってか、自分にいってるカンジ



いくられオット、なかなかいい言葉ですこと自分で辿り着いた言葉なの?と質問。

「このフレーズ、アラキさんから教えてもらったんだ。 30歳すぎてからだぜ。
 人生の目的なんて、だれもおしえてくんねーよふつー。 
 こにょろ(いくられセガレのこと)には10歳で授けよう 笑笑笑」


いくられからはいくられが今思っていることを言葉にした。



こにょろよ、 大きく育つのだぞ。 フォローするからね。

  



       鮮やかもみじ 





いくられ 拝



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

:: 2011/03/25(Fri)

弁当作りの朝の時間、習慣でラジオをつける。
水道水のニュースが流れている。

危険視されている濃度の放射性ヨウ素量を言っておきながら、
危険はないと念を押す。 軽く笑いをもよおす。

まるで一昔前の、告知をされないがん患者だねワタシタチは。
当事者には本当のことを伝えず、安心させようとする意図があっさりとみえてしまう構図。
だから結局わたしはガンなのだわと認識する。

それでどうするか。

先生のいうことは気休め。
これからの自分の行動は自分で決める。

それをもうみんな感じているのだ。


こうやって、
徐々に国家とか政府とかを頼らずに生きてゆく よい機会なんだね。


それとね、

いくら日本人が パニクらない国民だと思われているとしても、
信用していた対象が 信用に足る対象ではなかったと認識することが
いかにしんどいかを考えると(ワタシだけ???)、 
これぐらいの崩壊(地震でなはく体制の)の速度に留められているのは
却ってありがたいのかもしれない。




というのは...

--*--  --*--

ラジオは続く。
那須の御用邸の職員宿舎を開放して避難の方々に使ってもらうと。
(被爆したところなど もはや職員は使う気はないのだろう)
 
みんなありがたがるに違いない。
なんてお優しい天皇皇后両陛下。

そう。

ゆるやかに崩壊してほしい。
何も知らない人たちのココロの健康のために。
今は、彼のお方を、 国家の象徴として尊敬賛美されているこのシステムを
急激に崩壊させるわけにはいかない。

激動の昭和を、その実直さと向上心とで復興させた方々がたくさん被災されている。
彼のお方とそのシステムをこの上なく信じている世代。



--*--  --*--

彼のお方へ

国民の復興が見えてきました暁には 
お役目を 穏やかに 終えられ
新しき人生を歩まれますように




静かに
念じてみた。

(イクラレ コエーヨ)



  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。